バイタルアンサー 効果

ペニス増大にはアルギニンとシトルリン両方が大事

アルギニンには主に血行を促進する効果の他に男性ホルモンの分泌を促進して体を成長させる効果があります。この成長効果はアルギニンが体内で消費されエネルギーに変わることにより男性ホルモンが作られ体の部位を成長させるわけでペニスもその一部です。

 

アルギニンの4割は分解される?

 

ですが、アルギニンには成長成分としては少し問題があり、体に吸収される割合が6割であり、4割のアルギニンの成分が吸収されずに分解されていることにあります。これはアルギニンは肝臓で栄養に変換されるのですが変換されるのは6割までで、後の4割は小腸で分解されて栄養になりません。

 

これがアルギニンだけ配合されたサプリメントが販売されていない理由ですね。実はアルギニンは体の内部で作ることができる上、体内で作ったアルギニンのほうが吸収力は良いのです。

 

アルギニンを体内で作るためにはシトルリンと呼ばれる成分が必要です。このシトルリンは体内で吸収される量が比較的多く、体内で消費されると今度はアルギニンに変わります。体内で作られたアルギニンですので吸収率が高いアルギニンになるわけですね。

 

シトルリンで作られたアルギニンのメリットは吸収率が良いのがメリットなのですが、体でシトルリンがアルギニンに変換されるまで12時間以上掛かるのがデメリットになります。しかもこの結果はラットによる動物実験ですので人間の場合はどうかは定かではないです。

 

ペニス増大にはアルギニンとシトルリン両方が大事

 

この結果の影響なのでしょうか、シトルリンとアルギニンの両方を配合したサプリメントが多く販売されています。私、故人の結論としましてはペニスの誇大化サプリメントはアルギニンだけでは十分な効果を得られないため、急遽シトルリンを配合したようにも感じられます。

 

アルギニンには成長ホルモンを分泌する効果の他に血管を拡張して血流をアップさせる効果があり、この血流をアップさせる効果により、ペニスの勃起力を高めることができます。勃起には血流が関係しており、血流が悪い場合ですとペニスに血がめぐらず、勃起不全に陥ります。

 

勃起不全の改善薬としてもアルギニンは効果のある主成分であると言え、EDの治療の際に血流改善をする際にはよく使用されています。ただし、これは、血流不全によるEDの場合のみであり、心身から来る心因性のEDの治療にはアルギニンは効果を表しません。あくまで血流不全のみです。

 

アルギニンの研究結果において精子量のアップと言う項目がありますがこれについては実は科学的な根拠がなく、研究結果に付きましても不明確です。アルギニンの研究はバイオ工学研究所が行っているのですが、この精子量アップについては出所が不明確な上、立証がありません。

 

多分、男性ホルモンの量が増える=精子の量も増えると考えた研究者の方がいたのか、そう結びつけたサプリメント会社のよる宣伝でしょうか。いずれにしろ、精子量がアップすると言うことはアルギニンを摂取しても起こりえるかどうかは不明確です。

 

後、アルギニンとバイアグラを比較する方がいらっしゃいますが、バイアグラは元々狭心症の治療薬であり、血流が著しく悪いか頼みに処方する処方薬であり、重度のEDの方に使用する薬であり、アルギニンよりもはるかに血流を良くします。ですが、アルギニンのように男性ホルモンの分泌を活性化する力はありませんのでペニスを誇大化する力はありません。

 

バイタルアンサーのTOPページはコチラ

 

あくまで、狭心症の治療か、重度の血流不善による勃起不全の改善薬として使用されます。安全性においてはアルギニン配合のサプリメントのほうが安全であり副作用の心配も少ないかと思います。治療薬とサプリメントとして使用する薬の差ですね。

 

ペニスを誇大化させ勃起力を高めたいのであればアルギニンが配合されているサプリメントの使用をお勧めします。